• 県西
  • 建物・旧居

咸宜園跡

写真/宮地泰彦

淡窓開設の私塾

 江戸時代、天領の日田が生んだ学者、教育者、そして詩人でもある広瀬淡窓が開いた私塾が咸宜園。広かった敷地のうち、東塾の跡に現在、秋風庵、遠思楼などが残され、1932(昭和7)年に大分県で最初の国史跡に指定された。
 淡窓は1782(天明2)年に日田の豪商・広瀬家の長男として生まれたが、病弱だったため家督を弟の久兵衛に継がせ、生涯を学問と教育にささげた。福岡藩の亀井南冥の塾で儒学を学んだあと、日田に帰り闘病生活のなかで独学を続け、1805(文化2)年に私塾を開く。
 塾は成章舎、桂林荘と続いて十余年後に咸宜園となる。「咸宜」は中国の古典「詩経」からとられた言葉で「ことごとくよろしい」の意味。言葉通り、塾に学ぶ者は平等。入学に際しては名簿に必要事項を記入すれば、身分、年齢、学歴に関係なく横一線で学習を始めた。
 ただ、平等主義に加えての実力主義で、勉強は厳しかった。毎月の試験成績によって無級から九級にまで位置づけられた。さらに講義はもちろん、会計や食事、清掃など塾の運営から図書の管理まで、塾生の分担で規律正しく進められた。学力だけでなく、社会性や人間性を育む教育システムだったと言える。
 淡窓に「休道の詩」がある。「道うことを休めよ他郷苦辛多しと。同袍友あり自ずから相親しむ…」。学問と塾生活の苦楽を「諸生ニ示ス」ものだった。
 全国六十余州から塾生が集まり、時には200人を超え寮制を敷いた。日本最大級の私塾で、閉塾までの80年間に入門者は女性も含めて4800人といわれる。高野長英、大村益次郎、上野彦馬、中島子玉、長三州などなど。1856(安政3)年、淡窓没。墓地は近くの長生園にある。

天領・日田が生んだ学者広瀬淡窓が開設した私塾「咸宜園」。著名な教え子を輩出した。