おおいた遺産活性化委員会からのお知らせ

養成講座について

2018おおいた遺産守り人養成講座

募集人員
50名程度 (県内 5ブロックごとに ブロックごとに 10 名程度 )

【ブロック】
① 県北:中津市・宇佐市・豊後高田市・国東市・姫島村
② 県西:日田市・玖珠町 九重町
③ 速見:別府市・ 杵築市・日出町
④ 大分:大分市 ・由布市
⑤ 県南:豊後大野市・竹田市・臼杵市・津久見市・佐伯市
応募資格
① おおいた遺産守り人講座の受講者
② 第 1~6回の「しんけん大分学検定」で初級以上の認定を受けた者
③ その他、おおいた遺産の保護・活用に関心の深い者
認定基準
地域講座を必ず受講するほか、可能な限り全体講座を受講し、2019年3月に大分市で実施予定の認定試験に合格すれば「おおいた遺産守り人」に認定
地域講座
各ブロックで2018年12月から2019年2月に2回ずつ開講

【その他講座カリキュラム】
・全体講座:大分市で2回開催(2018年12月及び2019年3月に開催)
・現地研修:各自で各地域のおおいた遺産を見学
受講料
不要

おおいた遺産活性化委員会について

お問い合わせはこちら

モニターツアー・事前学習会について

2018年度 第3回モニターツアー

趣旨
大分県の地域遺産を網羅した「おおいた遺産」の意義をより多くの県民が知って貴重な文化遺産を次世代に保存・継承していく機運を醸成することを目的に、おおいた遺産を実際に見てその意義を深めるためのモニターツアーを今年度も県内5ブロックごとに実施します。第3回目は、大分市内に残る中世から近世のおおいた遺産を中心に訪ねます。
※このツアーは、文化庁の平成30年度文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)を活用して実施します。

詳しい内容はこちらから
■2018第3回モニターツアー実施案内
実施時期とツアー先
平成31年2月24日(日) 8:30~18:00

8:20(集合)別府駅西口(出発)8:30 ⇒8:50(集合)大分駅南口(出発)9:00⇒9:15大分城址公園9:45⇒10:00上野の森(弥栄神社・大友氏上原館跡・大分市美術館※)11:50⇒途中昼食⇒13:15柞原神社の森14:15⇒14:40高崎山(大友氏が築いた山城の跡を見学、南登山口から山頂まで徒歩で登ります)17:00⇒17:30別府駅西口(降車)⇒18:00大分駅北口(帰着)  ※開館20周年記念蜷川実花展を菅館長の説明で鑑賞します。

昼食:大分レンブラントホテル・フォーリーフガーデン(バイキング)

高崎山は、南登山口から山頂まで40~50分程度歩きます。歩きやすい服装や靴でお願いします。
参加要件
おおいた遺産守り人養成講座(全体講座・地域講座)受講者又はおおいた遺産の保護継承に関心がある者

お申込み資料はこちらをご確認ください
■H30第3回モニターツアー旅行申込書
■第3回モニターツアー・旅行取引条件説明書
■モニターツアー・個人情報保護方針

おおいた遺産活性化委員会について

お問い合わせはこちら