• 杵築・日出
  • 景観

奈多海岸の松

写真/石松健男

格式高い八幡宮

 昇る太陽が別府湾にきらめき、波は光を乗せて遠浅の浜辺に打ち寄せ、風が松林を吹き抜ける。ここは「日本の白砂青松100選」の一つ、杵築市の奈多海岸。奈多は灘に起源するのだろうか。
 国東半島を形づくった火山は成立の後に大きく傾動し、半島の南部を隆起させた。そこに遠浅の浜が生まれた。奈多から狩宿、行安と2キロ以上にわたって続く浜辺と松林は、大分県を代表する美しい海岸線であり、「日本の海水浴場88選」の海水浴・キャンプ場である。
 そこに八幡奈多宮が海に向かって立つ。鳥居は海に面し、参道は海そのもの。また鳥居の横にある木造瓦ぶきの大きな灯籠は、海を行く人たちの灯台の役をも果たした。
 奈多宮は宇佐八幡宮の末社の一つではあるが、格式は高い。八幡宮の中央に祭られる比売大神こと三女神はここに上陸、示現したとの伝えさえある。
 女神は海に由来する名を持ち、そのうちの一柱である比売の名による市杵島の小さな岩島が浜から300メートルほどに浮かぶ。その名は厳島にも通じ、神を斎くによるのか。
 奈多宮は宇佐宮の行幸会に深く関係する。宇佐宮の「御験」と呼ばれる神体の再生を行う際、古い御験は奈多宮に運ばれた。奈多宮が国の重要文化財、僧形八幡神や女神の木造坐像を伝えるのもそのため。
 奈多宮の大宮司・奈多氏は中世、大友家と深くかかわる。よく知られる鑑基、鎮基の父子の名は大友義鑑、義鎮(宗麟)父子の名に共通する。そして、鑑基の娘が宗麟の正室となり、義統を生む。
 正室の名前は分からない。ただゼザベルのあだ名が知られる。神仏を熱心に信じた彼女は反キリシタン派の急先鋒で、さまざまな事件にかかわる。困り果てたイエズス会士たちは、キリスト教を迫害したイスラエル王アハブの妻の名で彼女を呼んだわけだ。

奈多宮の大きな灯籠。